貢献について

9月17(金)、定例(にしたい)第2回の読書会を開催

メンバーは前回参加のユウキとシン、そして初参加のサアヤ
初参加もいるので前回の振り返りを中心にそれぞれが「お店から求められている貢献」は何かを話してくれました。

『うちだから、うちの他にない、楽を演出する、この街の人に貢献をする。
そして、主体的に、まずは自分から楽しむことで影響の輪が広がって行くと思います。』
『お店を見る度に行った時の記憶が浮かぶような
そんなお店作りをしていき
就職先に活かせるように学びたいと感じ
その為に自分は店長代理を任せられているので主体的に行動し、何がお店にとって必要なのかを考えながら
これから仕事に取り組んでいく事が貢献に繋がるではと思いました。』
『マニュアルにしたがって仕事をするのも大事だと思いますが、それはあくまでも基礎の話。そこからは自分がどれだけお客さんを満足させられるかが良いお店を作っていく上での基準になると考えます。ごんぞを利用して頂いたお客さんが、それを良い思い出として記憶して、また行きたいと感じてもらえるようなお店作りをみんなでしていきたいと思います。』
など

私自身もみんなに期待している『貢献』をもっとちゃんと伝えなくては、ということで

前回のブログでOBのナオトの昔の写真を探していると私が店長時代の頃の写真がたくさん出てきました。

主にこういった写真、お客様にお誕生日のお祝いをしてその時に写真をプレゼントしようという店独自での取り組みでした。(この写真はスタッフがご家族とお誕生日にご来店してくれた時のものです。掲載許可済)
500枚以上あると思います。どんなに忙しい時でも必ずやるということでスタッフ全員で徹底して取り組みました。お許しをいただけたお客様にはウェイティングルームに写真を飾らせていただき2012年の閉店時にはウェイティングルームの壁一面、写真で埋め尽くされました。
お誕生日のお写真なのでみなさん笑顔。ご家族づれで、カップルで。いま写真を眺めてみてもあの頃を思い出し楽しい気分になります。
今思うとみんなでこの取り組みを始めた頃からスタッフたちの接客態度が変わってきて顔や名前がわかる常連様が増えてきたような気がします。売上も上がってきました。

誕生日のような特別な日ってわけじゃなくても、うちに来ると笑顔になれる。うちの店を思い出すだけで笑顔になれる。そんなお店を今の君達と日々つくっていくことが
うちの店のお客様へするべき『貢献』なんじゃないかな
ということで当社の理念は
『おもわず笑顔』
なんです。

ちゃんと伝わったかな?10月から全面解禁!なんてニュースも出てますね。
お客様をお迎えできるよう万全の準備を整えよう!!